軍資金のために借金し続けてしまうパチンコをやめる方法 > パチンコが打てない状況に

パチンコが打てない状況に [ ハード面での対策 ]

 

パチンカーは、「パチンコを打ちたい」と思い始めると
制御がきかなくなってしまいますから、
とにかく「パチンコへ行きたい!」という気持ちを
できるだけ減らすことが大変重要です。

 

では、「パチンコへ行きたい!」という気持ちの回数を
減らすにはどうしたらよいでしょうか。

 

そのためには、「パチンコが打てない状況に身をおく」ことです。

 

「パチンコが打てない状況に身をおく」ということは、
一見直接的には関係がないように見えますが、
不思議なことに、パチンコができる状況からほど遠い時には、
脳が無意識のうちに状況を理解しているのか、
衝動の発生する頻度は激減します。

 

実際、のんびりした田舎のほうに旅行をしている時なんかは
パチンコの事なんて忘れてしますよね。

 

本当はパチンコのない国に移住すればいいのかもしれませんが、
現実的にはそういうわけにはいきません。

 

だったら、意図的にパチンコが打てない状況を作り出せばよいのです。

 

「パチンコが打てない状況」はどうやって作ればよいのでしょうか。

 

それは、「少しのお金しか持たない」ということです。

 

この「お金を持たないこと」は、
「無理やり欲求を押さえ込むので逆効果」という意見もありますが、
「自分はパチンカー依存症という病気で、本当にパチンコをやめたい!」と
心から思っている方には、「我慢している」という感覚はあまりないはずで、
有効な手段であると思います。

 

普通のサラリーマンであれば、昼食代とお茶代で、
現金は1日に1,500円もあれば十分です。
ですので、私は毎朝家を出る時に2,000円以上は持たないようにしています。

 

ただ、さすがに2,000円しか持っていないと、いざという時に心配ですので、
財布の中にはキャッシング枠を0円に設定したクレジットカードか
デビットカード()を入れておきましょう。
携帯のおサイフケータイなんかもいいでしょう。

 

クレジットカードのようにカードで買い物が出来ますが、
  支払ったお金は、自分の銀行口座の残高より引き落としされます。

 

また、財布に2,000円しかはいっていなくても、
パチンコをしたくなる、という方は
1,500円とか、1,000円とか、もっと減らすしかないです。

 

とにかく
「現金および現金を入手できるカードを持ち歩かない」
ようにしてくださいね(・∀・)b

 

この「お金を持たないこと」で、
「パチンコへ行きたい!」と思う気持ちの回数を減らすことができる
と思います。

 

しかし、ここで1点、重大な注意点があります。

 

普段お金を持ち歩かない事で、逆に何らかの理由で
財布にお金が入っていると、パチンコへの衝動が生まれやすくなります。
これは私の経験上、間違いのない事実です。

 

残念なことに、「お金を持たないこと」を実行していても、
「家を出る時、偶然1万円札しかなかった」とか、
様々な理由で財布にお金が入っている状態はけっこうすぐにやってきます。

 

そうすると、無意識のうちに
「今、1万円入ってるよ。少しくらいなら打ってもいいんじゃない」
というような悪魔の囁きが聞こえてくるのです。

 

そうです。これがパチンカー依存症の方の脳に刻みこまれた、
「パチンコをしたいという欲求」が、衝動にかられ起動する瞬間です。
(関連ページ ⇒ パチンコで脳に起こる変化)

 

お金を持っていないときは、無理して我慢している訳でもないのに、
お金を持った瞬間にそんな囁きが生まれるのですから、
パチンコ依存症は本当に怖い病気です・・・・・

 

無防備な状態でこの衝動に打ち勝つことは、困難を極めます。

 

ですので、「お金を持たないこと」だけでは
長続きしない場合もありますので、
出来るだけ早くに、次のページから紹介している
「将来メモ」「欲しいものリスト」「迷惑をかけた人リスト」「金銭出納帳」の
準備をすることをおすすめします。

 

準備ができるまでは、
決して多額の現金を持つことがないように注意してください。

 

次のページから詳しく書きますが、これらのパチンコ防止策で、
私は不思議なことにパチンコへの衝動を受け流すことができました(・∀・)b

 

ちなみに私の実践した、「完全に習慣になったパチンコ」を
生活から切り離すためにしてきた基本はこれです↓
流れてきに説明しています。

 

1 一生パチンコはしたくない、やめたいと思い決意した。
2 パチンコ攻略関係の本や雑誌は、立ち読み、買わないようにした。
3 パチンコ屋を見たら、わざと遠回りや店に目を向けないようにした。
4 パチンコ依存の教材で「パチンコ依存症」というものを勉強した。

同時に「パチンコ業界」についての理解も深めた。

5 自分はパチンコ依存症という病気であることを認識できた。

そのおかげで、パチンコへ行きたくなると「また、いつもの病気がはじまった」と思えるようになった。

6 現金を持たないようにした。
7 「将来メモ」 「欲しいものリスト」 「迷惑リスト」を作成した。
8 「金銭出納帳 (家計簿)」をつけるようにした。
9 パチンコ依存症に対する個人の思いを「サイト」で公開することで、

サイトに対するメッセージや掲示板のコメントなど見て、勇気付けられたし、
パチンコは本当に駄目だと再認識できた。

 

他に、なにか新しい趣味を見つけれるようでしたら、
見つけたほうがいいと思います。

 

私は、以上のことで、20年以上にわたって何度も失敗してきた、
パチンコ地獄からの脱出への足がかりをつかみました。

 

「そんな事でパチンコの衝動が抑えられる訳がない」と
思われる方もいらっしゃると思いますが、
この方法で現在の状況が悪化する訳ではないと思いますので
自分のできる範囲で是非一度試してみてください。

 

 

> 次のページ「将来メモの作成」へ進む
< 前のページ「依存症は病気だという自覚」へ戻る

 

ページの上に戻る


パチンコ依存症克服

カテゴリー

訪問者数


HOME 脱!パチンコ関連ニュース掲示板 脱!パチンコ誓い掲示板 脱!パチンコ交流掲示板 脱!パチンコ自由掲示板