軍資金のために借金し続けてしまうパチンコをやめる方法

2016年 (平成28年) 脱!パチンコ交流掲示板 記事一覧

 

メッセージを投稿する

 

 

 

#46 どうなのよ?

 

近頃、オレの住む界隈のパチ屋は「ファン感謝デー」を
チョイチョイおこなっている。
「全国パチ・スロファン感謝デー」って年1・2回じゃなかったっけか? 
そう、「全国」ではなく「単店舗」限定なのだ。 

 

「本日開店!」と年がら年中 
花輪を掲げて開店しっぱなしの店舗もある。 
どこぞやの「閉店セール中!」と看板を掲げて、
いつまでたっても閉店しない靴屋や古着屋と同じだ。

 

「いつ閉店すんの?」と苦情があり
「毎日夜 閉店してます」と屁理屈を言ったとか言わないとか・・・。
パチ屋も毎日店を開けてれば「本日開店!」に違いはない。

 

でももう客もそろそろ引っ掛からなくはなって来た。
最近のパチ屋は閑古鳥が鳴いている店も多い。
しかし細々と良くもまあ経営して行けるもんだと感心するくらいだ。
なかなか死なない。しぶとい。
首の皮一枚繋がっているといったところ。

 

一店舗は常連客が一日10人いれば
経営して行けると言われている。ホントだろうか?

 

まあいい、それが首の皮一枚なのだろう。
そこが切れればそのうち死ぬ。皆さんも手を汚す事はない。
高見の見物だ。静かに時を待てばいい。

 

とあるパチ番組を観れば、
「もうやってらんねぇ」
「今年もう3ヶ月で50万ほどやられてる」
「ほんとパチ・スロつまんなくなった」
なんて言いながら打っているパチライターがいたが、なんなのだろう? 
同調してもらいたいの? 
負けっぷりを笑ってもらいたいの? 
お前ら何かの役に立ってるの?・・・
まぁパチ・スロの現状の酷さを伝えるのに一役買ってはいるか。
ある意味役には立ってる。あくまで捨て駒としてだが。

 

「もうパチ・スロを打つ必要はなくなった」
「打つ意味は無い」
「カネをドブに捨ててるのと同じ」
そろそろそんな感じだろう。

 

「こんなくだらなぇ玉入れなんか二度とやるか!」
ぶれない心で宣誓してみれば、
きっと人生が良い方向、面白い方向に転がるぜ。

 

B・BLUE 泉屋 | 2016年06月02日19:41

#45 パチライターの裏の顔

 

最近おもしろいパチライターのコメントを聞いた。

 

MC:「最近○○さんはプライベートでは
どんな機種を打ってるんですか?」

 

ライター:「いや、最近はプライベートではもう打ちませんね。怖くて・・・」

 

MC:「そ、そうなんですか〜!?(絶句)」

 

凄いコメントである。と同時にその勇気ある言動を称賛したい。

 

やっとライター諸君の中にも分かって来た奴が出て来たのか、
はたまたもうパチ業界に見切りをつけようとしての事なのかは
定かではないが、「もうプライベートでは打たない」
この言葉に全てが集約されている。
裏を返せば、「仕事だから仕方なしに打ってんだよ、このタコ!」
「こんな割の合わねえくだらねえ事にカネ賭けてられっか!」
という本音が見え隠れしている。

 

そんな事もあってか、パチライターもバンバンやめている昨今、
逆にライター君の給料が上がっているとも小耳に挟んだ
(まあ、微々たるものだろうが)。
しかしパチ実戦は自腹が殆どだから「やってらんねえよ!」と
なるのが実情だろう。

 

以前にも書かせてもらったが、オレはパチライターに期待している。
「パチ業界の裏を暴いてくれ、もっと暴露してくれ」と。
「ライターをやめた後でもいい。パチ屋や業界の内情、
実情を世間に知らしめてくれ」と。
それによって夢から覚める人々が大勢いる事を分かって欲しい。

 

恐らく「もうプライベートでは打たない」と言ったライターは、
「馬鹿だね〜、一般人は。何も知らずに打ってるよ」が
胸の内では良く分かっているハズだ。

 

まあ、「プライベートでは打たない」のコメントを
聞けただけでも良しとしようか。

 

「困りますよ〜ああいうコメントされちゃあ。嘘でも適当に答えて
おいて下さいよ〜。こっちもカネの為に仕事してんですから〜。
業界に不利なコメントは控えて下さいよ〜」

 

・・・そんなディレクターの慌てた対応が目に浮かぶ。

 

わがままジュリエット 泉屋 | 2016年03月01日19:46

#44 「懺悔し、そして前を向く」

 

オレは小学3、4年の頃、足しげく通った
近くの小さなゲーセン兼駄菓子屋で、
悪友と5円、10円のお菓子を2、3度万引きした事がある。
そして高校生になった頃、
そこのおばちゃんが亡くなったと風の便りで聞いた。
「おばちゃん、すまなかった」

 

しかし、今オレは何故か正義感が強い。
騙しや詐欺が大嫌い。犯罪が大嫌い。
決して自分は偉い人だと胸を張れるような身分じゃあない。
「なんとか生きてる」そんな程度だ。

 

今のパチ屋はどうだ? 

 

いつしかホルコンが導入(かれこれ10年ほど前)され、
台の当選確率も反故にされ、しょーもない店は遠隔操作も使う、
客寄せにサクラも使う、客を顔認証登録し、
店舗間で顧客データ等の共有・・・。
利益至上主義の詐欺グループとなってしまった。酷いもんだ。 

 

・・・その酷さ、逆にそれがいい。酷過ぎる事が客をなお遠ざける。

 

出玉はホルコンの割数入力で島単位で管理されている。
客入りが悪ければさらに出ないのは必然。
ここ2,3年は客激減で負のスパイラルに丁度突入したとみる。

 

そんな裏事情に少しだけ早めに気付けた自分はラッキーだった。
パチ屋への「怒り」がパチ依存症という心をオレから引き剥がした。

 

オレはパチ依存から脱却した。
スパッとやめて6年。時が経つのは早い。
今はパチ屋がバンバン潰れて行く様が爽快だ。
人生観が180度転換したとまでは言わないが、90度は転換しただろう。
パチ依存だった時代は「二ハンしばり」ならぬ「満貫しばり」で
大勝ちしないと納得行かない感覚で
カネをバンバンサンドに突っ込んでいた。
たまに入れた分が返って来ただけで
大勝ちした気分でいた。アホなもんだ。

 

今はそんなパチンカスではなくなり、
「おも舵一杯っ!」と気持ちよく航海できている自由人となれた。
まあ、仕事には誰しも縛られているとは思うが、
カネはある程度自由に使えるようになれた。

 

他のギャンブルはたしなむ程度。
そこに嘘がないのなら、
賭ける価値が見い出せるならそれも良しだと思っている。

 

パチ屋の養分パチンカスとなり、
本当に絞りカスにならないうちなら再生できる。
ゲームみたいにリセットボタンを押す感覚じゃあダメだ。
「またリセットすりゃいい」そんな軽い気持ちじゃあダメなんだ。
もっと真剣に考えてみてくれ。

 

・・・詐欺まがいの世界から脱出したら、
素晴らしい世界が広がっていた。ここに嘘偽りはない。

 

NO NEW YORK 泉屋 | 2016年02月10日21:20

人間の悪しき欲にはきりが無い

 

こう思って、克服したいです。

 

育児なし | 2016年01月28日01:30

 

メッセージを投稿する

 

ページの上に戻る


パチンコ依存症克服

カテゴリー

訪問者数


HOME 脱!パチンコ関連ニュース掲示板 脱!パチンコ誓い掲示板 脱!パチンコ交流掲示板 脱!パチンコ自由掲示板